考えてみた

「起業したい!でもお金が」そんなあたなが起業するのに必要なたった一つの気づき

起業しよ

次世代タイトル下banner

こんちゃす!
意外と身の回りに「起業したい」という主婦が多くてびっくりな有川(@arikawa0812)です。

へーお店とかやりたいのかな。

子育て資金のために…って言ってたけど、
確かに、会社で働いてるよりは大きく稼げるし、自分のやりたいことやれるからいいと思う。

でも、起業するのには元手が必要でしょ?

それに、ビジネスのアイディアとかも欲しいし。失敗したら借金まみれだし。
そうやすやすとは…

はい、そんなあなたに!

今回は!

起業したい。
でもお金が…

そんなあなたが起業するのに
気づくべきたった1つの要素

についてお伝えします!

↓ブログ運営に悩んでいるあなたはクリック!↓ 次世代アイキャッチ2

0.ブレーキをかけているのは、あなたの「心」

結論から書いていくと、

起業に関して踏ん切りがつかないのは、
お金のせいでもなく
環境のせいでもなく
人脈のせいでもなく

あなたの心のせいです。

心のどこかで「やっぱり起業は無理かも」と考えていると思います。

なぜなら、本気でやりたいことなら
本気でやる方法を考え
壁(お金や環境や諸々)を乗り越える方法を考え
どうにかこうにかして、やり遂げるからです。

◆◇◆

あなたにも、多分、経験があると思います。

どうしても欲しい物や、
どうしても行きたい場所、
どうしても会いたい人……

それらに対して、
なんとかならないものかと試行錯誤したことがあるのではないでしょうか。

◆◇◆

例えば学生時代。

好きな男の子と卒業までに、ちょっとでいいから話したい!
でも、接点もなにもない…。

そんなとき、「どうすればあの子と話せるか?」を考えたと思います。

好きな男の子と同じ部活の子に仲介を頼んだり、
偶然を装って下駄箱ではちあわせてみたり、
同じクラスなら無理や用事を作って、話しかけに行ったり。

ふう!甘酸っぱいぜ!

でも起業はそうもいかなくない?お金かかるし。

それよ!
お金がかかるという前提よ!

本気でやるつもりがあるなら、

「お金が無いなら無いなりに、なんとかできないか?」

と考えるはず。

お店をやるなら、
知り合いに空き店舗がないか聞いてみたり、
使えそうな道具をお古でもらえないか聞いてみたり
がむしゃらに行動してみる。

料理教室をするなら
料理教室ができそうな施設を探したり
最初は友達を誘ってみたり

ホームページなどはネット系が得意な人がいないか聞いて回る。

本気で取り組むというのは、そういうことです。

1.そもそもなぜ起業をしたいのか?を思い出そう

私の周りの主婦さんたちは、
子育て資金のためとか、旦那の給料が足りないからと言っていましたが…

あなたはなぜ
起業したいのでしょうか。

本気になれない理由は、その「なぜ」が漠然としているからかもしれません。
なぜの部分を深堀すれば、本気の原動力になります。

2.起業をしたいと思ったら諦めない

起業をしたい理由をはっきり述べることができ、
本気で取り組めるなら、
あとは「諦めない」ことです。

想定よりも時間がかかるかもしれません。
しかし、本気であれば「成し遂げること」に意味があります。

かかった年数は問題ではありません。

焦る気持ちも分かります。
特に子どもが絡むと。

ならば、結果を早く出すためにはどうしたらいいか?

それも、本気であれば考えて実行できます。

3.まとめ:起業とは自分でお金を稼ぐことである

以上!

起業ができないのはあなたの心のせい

についてお伝えしました。

知らず知らずのうちにブレーキをかけていたら、
まずはそのブレーキを外してあげましょう。

もちろん、そこでブレーキがかかっていることに気づき、
本気じゃないこともわかったのならやめるのもありです。

ただ、起業とは自分でお金を稼ぐことなので、
あなたが思い描いていた起業ができないからといって、諦める必要はありません。

起業したい理由が自分の将来のため、子どものため、など
はっきりわかったのであれば、
あとは「ならどういう起業ならできるか?」を本気で考えていきましょう。

では、ここまでお読みくださりありがとうございました!

次の記事でお会いしましょう。

jisedai-cta

そんなあなたへ!

私が趣味ブログで

わずか2ヶ月

収益0→1万円になった秘訣を公開中★

↓ちょっとでも興味があったらLet’s クリック!↓

 

記事を購読する!
follow us in feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA