自分のこと

【第3章】何も持たない私が100万をつっこんで出せた成果は


次世代タイトル下banner

日本へ帰国し、休む間もなく仕事を始めた。

講座に集中したかったので、シフト制のバイトは避けたかった。
運良く、知人の紹介で月給制の仕事に就くことができた。

地元では、どんどん友達が結婚していった。
結婚していなくても、きちんとキャリアを積んで、それなりの地位になっている子もいた。

わかっていたが、
完全に私は出遅れだった。

社会人1年目で、
会社を辞めた時点で、
わかっていたことだ。

レールから外れて生きるということ。

 

・・・わかっていた、つもりだった。

 

でも、実際ここまで差がつくと劣等感にしかならない。

1年目で辞めたときに芽生えた小さな劣等感は、
自分の知らないところで勝手に成長し
私の心に巣くっていた。

 

会いたくない。

 

ちゃんと仕事をしていたり、
家庭を築いていたり。
そんな輝かしい人生を送っている友人たちには。

 

友人に会えば会うほど、
何もない私がよく見える。

 

一方で、自分で自分を守るために
ネットビジネスの道を選んだ私に間違いはないと思っていた。

 

自分が進んだ道を、信じたかった。

 

「自分の好きなこと・得意なことの専門家になって、ブログで稼ごう」

という趣旨だったので、
私はずっと好きだったゲームのブログを書いた。
1年で、100記事書いた。

今思えば超スローペース。
しかし講座の中では私が一番記事を書いてたので、
慢心があったのだろう。

これだけやってるからなんとかなる、と。

講座が終了した3か月後。
つまり、ブログを始めてから1年3ヶ月後。

結果は

 

広告収入で、1か月2500円。

 

100万はらって、2500円。
どういうこと。

 

しかし、大金をはたいたからには何とかしたい。
何とかしないといけない。
このブログに足りないものはなんだ。

必死に探した。

 

このままでは、何もないまま終わってしまう。

結局同じまま。

何者にもなれず、何もないままになってしまう。

 

そんな中でも、仕事の1年契約は切れ、新しい仕事に。

新しい仕事先は、大手旅行会社。
旅行は好きだし、興味はあったが
これまでやってきた仕事とは、まったくの畑違いだった。

なんとかなるだろ、が通じない世界だった。

 

30歳も近いのに、まったく仕事がうまくいかない。

迷惑をかけ続ける毎日。

職場の人は優しかったのが、余計につらかった。

私が入ってこなければ、もっとスムーズに仕事が終わるのに。

 

そして、

私でなくとも終わる仕事。
確実に私は歯車であり、替えのきく存在であり、

私の存在意義は、そこになかった。

 

何でここにいるんだろう。

何のために生きているんだろう。

 

そう思いながら毎日をすごしていた。

 

仕事の日の朝になるのが嫌で、眠ることもできなかった。

 

 

そこで働いている人たちは、

「業界自体縮小してるのに、どうなるのかなぁ」

「でもさ、なんやかんや大手だし、なんとかなるでしょ」

「ずーっとこのままでいいのかなあ」

「もう40だよ! 私この仕事以外なんにもないんだけど」

「やりたいことがあって仕事辞めるとかいうけどさ、口実でしょ?」

 

そんなことを言っていた。

上司二人が男で、あとは女性という圧倒的に女性が多い職場だった。

 

ちっとも楽しそうに仕事をせず、
上司の愚痴を言い、
会社にいる限りどうにもならないことに文句を言っていた。

 

それから、
2500円しか生み出さないブログをなんとかせねばと思い、
いろんな人をフォローすべく
Twitterをまわっていた時。

 

そこにもこんな女性たちがいた。

 

「社会人になればもっと好きなことができると思ってた」

「寝てたら休みが終わるんだけど」

「休日出勤。なんで上司のしりぬぐい私がしなきゃいけないのー」

「新しいこと始めるぞ!→仕事→来週からにしよう。というループを続けているんだが」

「休みの日を充実させるために趣味見つけたいけど、何したらいいかわからない」

「このまま社畜人生で終わるのか…」

 

場所は違えど、
みんな同じようなことを嘆いていた。

 

社会人になって、自分の時間が奪われていく日々。
何かをしようと思っても、その体力すら無い。

仮に、よしやるぞと思っても、結局その時だけ。
動けないし、
何をすればいいかもわからず、
日々に流されていく。

 

自分で稼げるようにしておけばいいのに。
会社に頼らないでも生きていけるようにしておけばいいのに。

そうしたら好きなこともできるし、
時間も自由だし、
嫌な人と無理に付き合うこともない。

 

そんなことを心の中で思いつつも、私はなにもできなかった。
言えなかった。

 

だって、

私には、それを言えるだけのものが
何もない。

思っても、
それができることを知っていても、
自分がその状態じゃないんだから

 

何も言えない。
私には、何もないから。

 

キャリアもなければ、お金もない。
何も言える立場じゃない。

ただただ、やりたいことをつまみ食いし、
とっちらかったキャリア積み上げてきただけ。

私には、何もない。

どうしようもない人間で
子どものままに生きてきてしまった。

 

もうすぐ、30歳。
女の私にとっては、結構節目になる年齢だ。

そして、
社会人になって、6年近く。

その6年を何に使ってきた?

 

ただただ、やりたいことのために生きてきた。

 

「一度の人生泣くより笑うぜよ」

 

あの言葉に従って生きてきた私は、間違いだったんだろうか。

 

経験になるんだから、と。

好きなことだけして生きて。

でも結果、

 

私には何もない。

積み上げられたものも、
培われたものも、
築き上げられたものも。

 

決して繋がることのないパズルのピースだけ。

 

 

でも、カミサマは私を見捨てなかった。

 

NEXT

jisedai-cta

そんなあなたへ!

私が趣味ブログで

わずか2ヶ月

収益0→1万円になった秘訣を公開中★

↓ちょっとでも興味があったらLet’s クリック!↓

 

記事を購読する!
follow us in feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA